独学でプログラマーになるべき理由

独学でプログラマーになるべき理由

ジャック・ドーシー(Twitter)、マーク・ザッカーバーグ(Facebook)、ケビン・シストローム(Instagram)など、ご存知の方も多いのではないでしょうか。そう、彼らは現在世界の頂点に立つ代表的なトッププログラマーの一人です。彼らはどのようにしてプログラミングで世界のトップに立てたのでしょうか。

それあh,独学でプログラミングの道を歩んできた彼らだからこそ、多くのハードワーク、モチベーション、忍耐力と一緒に卓越したものへと導いたのではないでしょうか。

独学のプログラミングは、人生の中で多くのハードルを乗り越えるため、問題解決の専門家になるのに役立ちます。自分で考え出したからこそ、物事がどのように動くのかをよりよく理解することができます。学校では見つけることができないかもしれない様々なアルゴリズムや方法論を学ぶことができます。コーディング以外にも、テストやプロジェクトの展開など、他の関連スキルの開発にも役立ちます。

調査報告書によると、プログラマーの約70%が自分自身を独学であると考えています。そして、その傾向を観察してみると、この数は急速に増加しているようです。

探索!探索!探索!

独学プログラマーとしての旅を始める前に、まずやらなければならないことがあります。プログラミングとは何か、アルゴリズムとは何か、熟練したプログラマーはどのようなスキルを持っているのか、などなど、基礎から専門的なプログラミングのすべての領域を探求しなければなりません。それはあなたの成長のための基礎を築くことになるので、この特定の部分のための十分な時間を捧げる必要があります。

プログラミングの探索と一緒に、あなたは自分自身を探索しなければなりません。「なぜあなたはプログラマになりたいのですか?」「なにを作りたいのですか?」ここで疑問を解消すればするほど、その疑問はあなたの次の旅に有益なものとなるでしょうから、最初の段階で学習を急がないでください。

プログラミングの世界に入りましょう

さて、あなたがプログラミングの側面の探求を終えたとき、それは武器をピックアップし、戦いのための準備ができている時間です。

この戦いでは、プログラミング言語があなたの最大の武器となります。プログラミング言語を選び、データ型、変数、ループ、条件式、文字列、関数などのプログラミングの基礎を学び始めなければなりません。業界でトレンドになっている、初心者でも学習しやすい、おすすめ度が高い、など様々なパラメータをもとに、自分に合ったプログラミング言語を選ぶことができます。Pythonは非常にシンプルな構文で、初心者でもかなり実現可能なので、コンピュータプログラミングの学習を始めるのにおすすめです。世界的にメジャーなプログラミング言語をいくつか挙げてみました。

  • Python
  • Java
  • C / C++
  • PHP
  • Swift

YouTubeのビデオ、オンラインコース、書籍などの様々なプラットフォームからプログラミング言語の学習ができます。また、1つのプログラミング言語に集中し、純粋にそれが得意になる必要があります。初心者レベルのプログラマーのほとんどは、特定のプログラミング言語に固執しないという過ちを犯すことで、いつまで経っても平凡なままです。

やって学ぶ

本を読んだり、ビデオを見たり、講演会に参加したりした後、あなたは自分をプログラマーだと思っていいのでしょうか?答えはノーです。何千冊もの本を読み、無数のチュートリアルを見ても、それを実装しなければ何もわからないのです。だから、あなたがしなければならないことは、あなたが勉強したすべてのプログラミングの概念を実装することです。

PyCharm、Eclipse、Netbeansなどの統合開発環境(IDE)をプログラミング言語に合わせてシステムにインストールすることで、同じことができます。数の入れ替え、因数分解プログラム、フィボナッチ級数などの基本的なプログラムを作るところから始めて、上級者向けのプログラムに移行することができます。

プログラミングで大事なのは、プログラミングをするという習慣です。定期的にプログラミングの概念を見直し、毎日コーディングに時間を割く必要があります。多くの練習をすれば、プログラミング言語の構文に慣れることができ非常に有益です。

論理を構築し、問題解決能力を身につけよう

結局のところ、プログラミングは特定の問題を解決するためのものなので、プログラミング言語に慣れてコードを書いた後は、プログラマーのように考えることを始めなければなりません。問題解決のためには、論理的に考える脳を鍛えなければなりません。複雑な問題に取り組み、効率的な解決策を提供するための準備をしなければなりません。問題ごとに自分のロジックを書いてみて、アプローチに誤りがあれば、それを見つけて修正するようにしなければなりません。既存の問題とは別に、自分のアイデアをまとめて、何か新しいものや革新的なものを開発するようにしなければなりません。

自分でロジックを組み立てるようになると、物事がどう動くのか、なぜ動かないのかがより説得力を持って理解できるようになります(これが独学プログラマの醍醐味です!)。問題解決能力を高めるために、競争力のあるプログラミングを選ぶこともできます。GeeksforGeeksやTopCoderなど、競争型プログラミングの練習ができるプラットフォームはたくさんあります。

プロジェクトを構築する

ということで、上記のようなアプローチをした後は、どんなマイナーなプロジェクトでも(メジャーなものでも!)開発できる状態になっていると考えていいでしょう。

プロジェクトを構築することは、あなたの知識とプログラミングスキルを検証し、あなたの自信を高めるために非常に重要です。

プロジェクトの構築を始める前に、プロジェクトの目標や目的、その他の側面などを詳細に分析する必要があります。そして、必要なスキル、ツール、作成するモジュールなど、プロジェクトの要件についての計画を作成します。そうすることで、バグの少ない論理的なコードを書けるようになるはずです。

まとめ

独学でプログラミングを学ぶ最高のことは、時間制限や特定のカリキュラムやその他の障壁に縛られないということです。誰もあなたを止めようとしないので、あなたは自由にプログラミングの世界に深く潜ることができます。独学でのプログラミングでは、何度も失敗することもあるでしょうし、その過程では多くの努力と努力をしなければなりません。しかし、目標を諦めてはいけません。独学でプログラミングを学ぶにしても、どんな学校で学ぶにしても、成功は常に努力に依存しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。