独学でプログラミングを学ぶ初心者のためのガイド

独学でプログラミングを学ぶ初心者のためのガイド

残念ながら、コーディングを学びたいすべての人が、スクールに必要なお金と時間を支払う余裕があるわけではありません。しかし、幸いなことに、多くの著名なプログラマーは独学でプログラミング技術を身に着けています。

この記事では、独学で初心者からエンジニアへと素早くなるための秘訣を紹介します。

専門分野を選ぶ

「成功したければ自分を制限してください」

独学で開発者になるときは、自分がやりたい専門分野を選ぶことが重要です。プログラマーは出来ることが多すぎるので、意識的に学習範囲を制限することで、情報量に圧倒されないようにしなければなりません。その代わり、その分野に対して些細な注意を捧げるようになるので、プログラミングの技術が早い段階から向上します。

まずは、プログラミングとソフトウェア開発が一般的にどのようなものかの概要を知ることから始めましょう。一般的な知識を得た後、あなた自身が本当に興奮するように、いくつかの自問自答を行う必要があります。以下の質問に答えることは、あなたの専門分野を選ぶのに役立つはずです。

  • あなたはコードを学ぶことによって何を達成することを望んでいますか?
  • どのようなシステムを構築したいですか?Web(フロントエンドかバックエンド)、モバイル(AndroidかiOS)、デスクトップ、組み込み、データ分析など。

これは、キャリアの後半で新しい分野に挑戦したり、実験したりすることができないという意味ではありませんが、1つから始めましょう。

専門分野のために学ぶ

この分野ではどのような言語や技術が使われているか?どんなツールが必要なのか?学ぶために必要なツールを調べましょう。コードエディタ?いくつかのソフトウェア?それらをインストールしてください。

学習の順序は?ほとんどの分野では、あるツールや言語を先に学ぶ必要があります。基本的なことから始めて、そこから先に進むことを忘れないでください。あなたが専門分野についてさらに質問がある場合は、あなたが選択した専門分野で活躍している人々を見つけるために、TwitterやQiitaを使用することができます。彼らにメッセージを送って質問をしてみてください。テックコミュニティの人々は親切な人が多いので、喜んで助けてくれるでしょう。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」

同時にではなく、順次学ぶことが大切です。

一貫性を持つ

まず最初にやるべきことは、学習のための時間を確保することです。毎日のスケジュールの中で、毎日特定の時間を設定して、その中で学習する時間を設定してください。

毎日2時間の学習は、1日に15時間の学習を1ヶ月に4回行うよりもずっと良いです。ここでは、一貫性が鍵となります。就職するために学習したいのか?ならば、仕事を得るまで、それが自分の仕事であるかのように学ばなければなりません。

目標を設定する

効果的な学習のためには、毎週の目標を設定することが重要です。

研究によると、意識的に目標を設定する人は、物事を達成する可能性が高いことが示されています。また、目標を書き留めている人は、物事を成し遂げる可能性が高いということもわかっています。

月末に何を知りたいか、何ができるようになりたいか?それを達成できるように、1週間の学習をどのように構成しますか?それを書き出してみましょう。

集中力を維持する

あなたの学習計画と選択した専門分野に焦点を当て続けてください。

技術圏では、常にピカピカの新しいコードがあります。しかし、新しいことを学ぶために夢中になったり、圧倒されたりしないでください。10個のチュートリアルのサンプルよりも、1つの完成したチュートリアルの方が良いのです。

何かを作ろう! 何でもいいから。

「凡人と天才の違いは、練習です」

初心者の開発者は、チュートリアルゾーン、つまり「チュートリアル地獄」に陥りがちです。多くの人がそこから抜け出せなくなってしまい、あまりにも長い間初心者のままになってしまいます。手を動かすことなくチュートリアルを繰り返し見ることに価値はありません。

プロジェクトを構築することは、学習フェーズとは切っても切り離せないものではありません。学習とビルドの間では、学習が実際には決して終わらないので、常に反復しなければなりません。

これが、プログラミング学習を始めるために、専門分野を選ぶことを強調した理由です。見ているだけではなく、一緒にコードを書くようにしましょう。そうすることで、何かを作り始めるのに役立ちます。

練習をする一つの方法は、すべてのモジュールの最後に、あなたがコーディングしたプロジェクトに追加できる機能を考えることです。あなたが得た新しい知識を使って、何かを作ってみてください。

あまり派手なものである必要はありません。大事なのは、コードを書いて、エラーに遭遇して、デバッグ方法をググって、より理解を深めることです。練習は知識を固めるものなので、練習しましょう。1つのプロジェクトを完成させることは、10回のチュートリアルを見るよりも良いことです。

ネットワーク

ネットワークを作るというのは、簡単に言えば、人前で学び、自分を外に出すということです。独りよがりは何の得にもなりません。では、どのようにして自分を外に出すのでしょうか?

コミュニティに参加する&ミートアップに参加する

コミュニティは、あなたに挑戦すると同時に、あなたにインスピレーションを与えてくれます。自分と同じ分野にいて、自分と同じ苦労をしている人たちの存在に気づくことができます。また、共同作業をしたり、生涯の友情を育んだりする機会も得られます。

自分を売り込む

機会は最も有能な者には来ない。それは最も目に見えて有能な者に行く。

自分を売るということは、自分のことや現在やっていることを話すということです。そうすることで、あなたの露出が増え、多くのチャンスが開けてくるかもしれません。

GitHubのアカウントを立ち上げて、そこにコードをプッシュする。Twitterアカウントを立ち上げて、あなたが学んでいることや構築していることについて話しましょう。

質問をする

魅力的な質問をすることは、ネットワークを構築し、他の人に自分自身を紹介するもう一つの方法です。質問をすることは全く恥ずかしいことではありません。

特定の問題で行き詰ったときは、ソーシャルメディアや人脈を活用しましょう。人々のDMやEメールにスライドすることを学びましょう。返事が返ってこない唯一の理由は、あなたの質問をうまく伝える方法を知らない場合です。

メッセージの例は以下のようになります。

“こんにちは、私の名前は<ここに名前を入れてください>です。しばらくの間、あなたのコンテンツを拝見していましたが、あなたは<分野を入力してください>に精通しているようですね。<課題を解決するために取ったアプローチを挿入>を試しました<必要なものを挿入>を手伝っていただけませんか。”

まとめ

この記事が、初心者にとってコーディングを学ぶ道標になってくれることを願っています。コーディングは難しく、独学となるとさらに難しくなります。いつか壁にぶつかる日がくるでしょう。しかし、上手くいかない日があるのは誰しも当然のことです。長い目で見れば、学習に対するあなたの一貫性と忍耐力は必ず報われます。頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。