良い話し相手になる方法:10のステップ

良い話し相手になる方法:10のステップ

コミュニケーションをとることは、人生でとても重要なことです。対面でのコミュニケーションには、身振り手振りなどのボディランゲージと口頭でのコミュニケーションという基本的な2つの方法があります。どちらも相互に関連しており、相互に依存していますが、言語表現は常に自分のボディランゲージに助けられています。適切な語彙選びや、良い話し方を学べば、人生のあらゆる面で成功する人になることができます。ここでは、上手にコミュニケーションをとることで成功する方法について、いくつかのステップをご紹介します。

1.適切なボディプレゼンテーションを行う

良い話し手になるにはボディプレゼンテーションが必須です。あなたは誰かを説得していますか–もしそうなら、あなたの言葉は素敵な笑顔でより効果的になります。その時に悪いしぐさや下手な理屈を言っている余裕はありません。もしあなたの顔に自然な笑顔がなければ、”私は映画やドラマの役を演じている “と思ってください。プロの俳優・女優がするように、その場の状況に合った仕草を顔や体に取り入れて行動しましょう。石のような、一見無頓着な顔は、つまらないし、混乱させてしまいます。

2.適切な言葉を使う

選ばれた言葉を上手に使って、必要な時に必要な場所で正確に良い会話を作りましょう。その場の雰囲気を読む必要があります。ロボットのようなものではなく、自然とフィットするような言葉を選んでください。

3.短い休憩を入れる

会話の中で短い休憩を入れましょう。それが自然だと思われるところで、一時的にポーズをとりましょう。これは、相手が自分の会話の言葉を吸収するために少し時間を与えることを意味します。質問、反対意見、発言ができるようにしましょう。ここでもう一度、周囲の状況や相手の興味のあることをよく観察する必要があります。もし、相手があなたの話に興味を持っていないと感じたら、話題を巻き上げたり、別の話題を織り交ぜたりして、話をつなぎ合わせるようにしてみてください。

4.間違えで争わない

相手が間違っている、自分が間違っていると感じた場合、不必要に自分の言葉で直接相手と対峙することは絶対にしないようにしましょう。そうすると、ネガティブな感情を誘発して人間関係を壊してしまう可能性があります。お互いに親切にしましょう。

5.状況に似合う態度でいましょう

オフィスやフォーマルな場所でビジネスの話をしているのであれば、声に自信を持って微笑みを浮かべるだけで十分です。しかし、庭先で誰かと散歩をしている場合は、手をつないで歩くのも良いかもしれません。

6.説明しすぎるのは避けましょう

印象的で良い話し手になるためには、一つ一つのことについて説明しすぎるのは避けましょう。自分だけが話しすぎると、聞き手を退屈させ、あなたが議論している問題の価値と重要性を失う可能性があります。

7.聞き上手になりましょう

話し上手になるためのもう一つの重要なことは、相手の話を根気よく聞くことです。もしあなたが相手の話を聞く気がないのであれば、「私はラジオのDJの話を聞いていて、賞品を獲得する方法や非常に重要なニュースや情報を得るために聞かなければならない」と仮定してみましょう。相手の話を聞いている間は、ボディランゲージ(通常は笑顔で、同意してうなずく)で積極的に反応し、短い間隔で相槌を打つこと大切です。

8.感情と口調を合わせましょう

攻撃的な言葉を丁寧な口調で言ってはいけません。それは嫌味に見えたり、「逆の論理」に見えたりします。そうすると、パートナーとの関係がうまくいく可能性が大きく損なわれてしまいます。

9.適切な声の大きさで話しましょう

通りすがりの人が簡単に理解できるほどの音量ではなく、相手が聞き取りにくいほどの音量でもいけません。どちらの場合も、あなたのパートナーは、何が話されているかについて侮辱や不安を感じることになります。

10.相手に同意を得られない場合は話題を変える

何らかの理由でパートナーがあなたに同意したくないと感じている場合–この場合は、その話題に固執するべきではありません。しかし、急に話題を変えるのもよくありません。そのため、継続する会話を他の話題とリンクさせて、自然に話題を変えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。