天才はどのように天才になるのか?

天才はどのように天才になるのか?

天才はどのように天才になるのか? これは歴史の中で私たちが何度も問いかけてきたことです。 私たちは、誰もが優れたものを求めていますが、優れた人間になることは容易いことはでありません。

ピカソはどのようにしてその膨大な絵画作品の中で、常に高い水準を維持していたのでしょうか? シュトックハウゼンは、363点の作品を作曲する時間をどこで見つけたのでしょうか? アインシュタインが相対性理論を策定したのはどの時点だったのでしょうか?

天才は生まれた時点で天才であると思う人も多いでしょう。たしかに、多くの天才は生まれながらにして特定の分野に対して才能がありました。
しかし、生まれながらの才能は、天才の最も重要な特徴ではないと、近年の科学では考えられているようです。

この記事では、多くの天才に共通する5つの特徴について紹介します。

1.好奇心旺盛で衝動的

ある実験で、あらゆる分野の天才たち91人にインタビューを行いました。

その結果、天才には「好奇心」と「決断力」が、普通の人と比較してとても強い傾向が見られました。

彼らは自分たちの仕事にすっかり魅了されていて、自分よりももっと優秀な人が周りに居ても気にかけず、自分のやりたい事を達成しようと四六時中考えているようです。

2. 重要なのは教育ではなく、費やした時間

私たちは、学歴といえば優秀さを連想しますが、学歴が高いからと言って天才と言うわけではありません。

海外の研究では、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ガリレオ、ベートーベン、レンブラントなど、1450年から1850年の間に生まれた300人以上の天才たちの学歴を分析しました。

天才たちが、どれだけの正式な教育を受けていたのか判断し、それぞれの学業レベルの高さを測ったのです。

結果は驚くべきものでした。

教育と優秀性の関係は、グラフに変換するとベル型になっていたのです。教育を多く受けていた人は、創造性に欠けていました。最も優れたクリエイターとは、常にその分野で最も多くの仕事をし、その分野に人生を捧げてきた人たちだったのです。

天才たちが勉強していたことは間違いないですが、多くの天才は独学で、誰よりもワーカホリックである特徴があります。才能はほとんど重要ではありません。最も優れたクリエイターとは、常にその分野で最も努力し、その分野に人生を捧げ、学ぶべきことをすべて学び、情熱を極限まで突き詰めた人たちのことです。

3.天才は自分の仕事に批判的

海外の研究によると、ピカソやフロイト、ストラヴィンスキーなどの偉大な天才たちは、試行錯誤に基づいて問題を分析し、解決策を作成し、それをテストし、一定のフィードバックを生み出すという、似たような仕事のパターンを持っていたと言います。

4. 天才は自己犠牲的で孤独で時にはノイローゼになる

天才は常に仕事のことを考えているせいで、社会的な繋がりや交友関係に乏しく、ノイローゼになる事が多いようです。

天才であるために必要な犠牲は、行き過ぎると病的なもので、優秀な人は必ずしも幸せではありません。 フロイト、エリオット、ガンジーが達成した禁欲主義や、アインシュタインが自ら望んだ孤独な人生は、華やかな生活とは呼べないものが多いです。

5. 天才は常に情熱のために働き、決してお金のためには働かない

天才はお金のためではなく、自らの情熱で仕事をします。実際に、社会的に評価される作品の多くは、活動自体に喜びを感じるアーティストによって生み出されているのです。天才は生活の大部分を犠牲にして、お金が発生しない状況下であっても、一つの物事に集中し続けるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。