ExcelでPDFを書き出す際にサイズが変わってずれる原因と解決方法

ExcelでPDFを書き出す際にサイズが変わってずれる原因と解決方法

ExcelのシートをPDFとして出力する際に、レイアウトがズレて改行されたり、正方形として作った図形も正方形ではなくなるバグがあります。
この記事では、ズレの原因と解決法を紹介いたします。

EXCELからPDFに変換した際のズレの原因

規定のデバイスとして設定されているプリンタがズレの原因です。

ExcelはシートをPDFとして出力する際に、プリンタを通してレンダリングを行っています。
プリンタの種類によって印刷範囲が異なるため、Excel上では正しく描画できていても、PDFに出力する際に、プリンタがサイズを調整してしまい、レイアウトが崩れてしまうのです。

EXCELからPDFに変換した際のズレを直す方法

PDFを正確に描画したい場合は、コントロールパネルから規定のプリンタを変更すると良いです。
Windowsならデフォルトで入っている「Microsoft XPS Document Writer」を規定のデバイスに設定すると良いでしょう。

ただし、「Microsoft XPS Document Writer」でも、100%正確に描画ができる訳ではありません。
私なりに検証した結果、CANNONやEPSONなどプリンタと比較しても、ズレが起こりにくく、他サイトからの評判も良かったため、一番おすすめしています。
1mmのズレも許されないようなデータの場合は、MicrsoftのExcelではなく、Wordを使うと良いです。

PCで規定のプリンタを設定する方法

  1. 「スタート」をタッチまたはクリックします。
  2. 「コントロールパネル」をタッチまたはクリックします。
  3. 「デバイスとプリンタ」をタッチまたはクリックします。
  4. 該当するプリンタをタッチして押したままにするか、または右クリックします。
  5. 「通常使うプリンタに設定」をタッチまたはクリックします。

VBAで規定のプリンタを設定する場合

VBAでPDFを作成して、表示がズレてしまうという方は、下記のコードをVBAに記述して、アクティブなプリンタを変更してください。

Application.ActivePrinter = “Microsoft XPS Document Writer on Ne00:”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。