アートとデザインの違い。アーティストとデザイナー

アートとデザインの違い。アーティストとデザイナー

アートとデザインを分けるものは複雑で、長い間議論されてきました。

アーティストとデザイナーは、共通の知識を使って視覚的な構成を作成していますが、その理由は全く異なります。

デザイナーの中には、自分たちをアーティストだと思っている人もいますが、デザイナーだと思っているアーティストはほとんどいません。

では、アートとデザインの違いは何なのでしょうか?この記事では、それぞれの作品の核となるポイントをいくつかを検証し、比較してみましょう。

良いアートはインスピレーションを与えます。良いデザインはモチベーションを高めます。

おそらく、アートとデザインの最も基本的な違いは、その目的です。

一般的に、アート作品を作るプロセスは、何もない真っ白なキャンバスから始まります。芸術作品は、アーティストが自分の中で保持している感情や視覚から生み出されています。

芸術家は、他人と感情を共有するために芸術を作成し、視聴者がそれに関連して、それから学んだり、それに触発されることができるようにします。

今日日、最も有名な(そして成功している)芸術作品は、芸術家と観客との間に強い感情的な絆を結んだ作品です。

それとは対照的に、デザイナーが新しい作品を作ろうとするとき、ほとんどの場合、メッセージ、イメージ、アイデア、アクションなど、出発点は決まっています。

デザイナーの仕事は、何か新しいものを発明することではなく、目的のために、すでに存在するものを伝えることです。

その目的とは、ほとんどの場合、ユーザーに何かをさせようとする動機を与えることです。最も成功した設計は最も効果的にユーザーにメッセージを伝達し、ユーザーの消費行動を促したものです。

良い芸術は解釈される。良いデザインは理解される。

アートとデザインのもう一つの違いは、それぞれのメッセージがそれぞれの聴衆によってどのように解釈されるかということです。

芸術家は視点や感情を伝えることを目的としていますが、それは視点や感情が単一の意味を持っていると言うことではありません。

解釈の仕方が違うからこそ、アートは人と人との結びつき方が違うのです。

ダ・ヴィンチの「モナリザ」は、長年にわたって解釈され、議論されてきました。なぜ彼女は微笑んでいるのでしょうか?科学者は、それはあなたの周辺視野が作り出す錯覚だと言っています。ロマン派は、彼女が恋をしていると言います。懐疑論者は理由がないと言います。どれも間違っていません。

デザインとは正反対です。デザインが全く「解釈」できないのであれば、そのデザインはその目的に失敗していると多くの人が言うだでしょう。

デザインの基本的な目的は、メッセージを伝え、見る人に行動を促すことです。

意図したメッセージ以外のメッセージを伝えて、それに基づいて見る人が何かをするようになってしまっては、デザインの目的は達成されていないことになります。良いデザインであれば、デザイナーの正確なメッセージはユーザーに理解されます。

良い芸術は好みである。良いデザインは意見である。

先見の明のある現代美術の愛好家にとっては、1999年にターナー賞の最終選考に残ったトレーシー・エミンの作品「私のベッド」は、芸術的表現の頂点かもしれません。

より伝統的なアートの信奉者にとっては、それはメディアに対する侮辱かもしれません。これは解釈の話に戻りますが、テイストというのは、作品から何を得るかというよりも、人それぞれの好き嫌いの問題なのです。

デザインにも好みはありますが、良いデザインと悪いデザインの違いは、意見が分かれます。

良いデザインの作品は、自分の好みに合わなくても成功することがあります。それが理解されるという目的を達成し、人々に何かをする気にさせるのであれば、それが良いかどうかは意見の分かれるところです。

良い芸術は才能である。良いデザインは技術である。

クリエイターの能力はどうでしょうか?

多くの場合、アーティストは生まれつきの能力を持っています。若い頃から絵を描いたり、楽器を弾いたり、彫刻をしたり、能力を伸ばしながら成長していきます。

しかし、アーティストの真の価値は、生まれ持った才能(あるいは生まれ持った能力)にあります。ここには重複する部分がありますが、優れた芸術家は確かに技術を持っていますが、才能のない芸術的な技術は、間違いなく価値がありません。

しかし、デザインというのは、本当は教えられて学ぶスキルなのです。偉大なアーティストである必要はなく、デザインの目的を達成することができなければならないのです。

世界で最も尊敬されているデザイナーの中には、ミニマリストスタイルで最もよく知られている人がいます。彼らは色や質感をあまり使わないが、大きさや位置、間隔には細心の注意を払っています

良いアートは誰にでも異なるメッセージを送ります。良いデザインは誰にでも同じメッセージを送ります。

多くのデザイナーが自分をアーティストだと思っているのは、壁に飾って自慢できるような視覚的に魅力的なものを作っているからです。

しかし、特定のタスクを達成したり、特定のメッセージを伝えることを目的とした視覚的な構成は、どんなに美しくてもアートではありません。それはコミュニケーションの一形態であり、それが含んでいるメッセージへの単なる窓に過ぎないのです。

アーティストはデザイナーとの違いを理解しているようで、デザイナーと名乗るアーティストはほとんどいません。アーティストは、製品を売るために、あるいはサービスを促進するために作品を作るのではありません。彼らは自己表現の手段として作品を作り、それを他の人に見てもらい、評価してもらうためだけに作品を制作しているのです。そのメッセージは、事実ではなく感情なのです。

あなたはどう思いますか?

アートとデザインの違いは、見方によってはっきりとしたものとぼんやりとしたものがあります。この二つは確かに重なるところがありますが、アートの方が個人的なものであり、作品を見た人に強い反応を呼び起こすものです。

私は、アートとは何か、何がアートではないかを定義する専門家ではありませんが、アートとデザインの違いを見てみると、両者の間には明確な線が引かれていることを知っています。

エンジニアは、特定の場所に異なる色のピクセルを配置するための正確な座標を与えられれば、指示に従うだけで美しいウェブサイトや広告をレンダリングすることができます。

ほとんどのデザインプロジェクトは詳細な指示書を持っており、ほとんどのデザインは現在のトレンドや影響に基づいています。一方で、アーティストは、自分の感情と魂が手の自身の動きを決定しているので、具体的な指示を与えることは決してできません。

どんなアートディレクターも、完全にユニークなものを生み出したアーティストを怒鳴ることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。