芸術作品と工芸品の違い。芸術家と職人

芸術作品と工芸品の違い。芸術家と職人

芸術家が作る芸術作品と、職人が作る工芸品の違いを表にしました。

芸術 工芸
意味 心や視覚などを無体物を表現する。 手や頭を使って有体物を創造する。
目的 美術目的 装飾的または機能的な目的
強調 アイデア、感情、視覚的品質。 道具や材料の正しい使い方。
定量化 難しい 簡単
根源 感情 意識
才能 天性の才能 技術と経験

芸術の定義

「芸術」とは、想像力、感情、思考、アイデア、またはその他の人間の創造性を視覚的な形で表現し、応用したものであり、美的・情緒的価値を持つものであると定義されています。これには、絵画、彫刻、ドローイング、写真、建築などが含まれます。芸術には制限がなく、構造化もされていないため、再現することはできません。レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた有名な絵画 「モナリザ」はその好例です。

芸術形態の複製可能性は不可能である反面、工芸品は容易に複製することができます。

芸術作品には、人の感情を刺激する意図された意味があります。それは、人によって異なりますが、無限の表現と無限の解釈を持っています。

工芸の定義

「工芸」という用語は、特定の目的を達成する手作りの有体物を意味します。それは人々にとって便利な道具作りとして定義されています。目的は、使用に応じて、装飾的または機能的または両方であることができます。

工芸品には、以下ような手で作られた物が含まれます。

鳥の家、マット、織られたバスケット、刺繍、毛布、ハンドバッグ、キャンドル、ジュエリー、陶器、ガラス細工など。

工芸は経験に基づいた技術と能力によって生み出されるものです。逆に芸術は、芸術は生まれ持っての才能によって生み出されます。

結論

この記事を要約すると、アートとは感情や想像力を表現するものであると言えます。工芸品は有形の形を持っています。工芸は人々の目的を果たすための、実用性のある創造と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。