デザインはアートなのか?アートはデザインなのか?

デザインはアートなのか?アートはデザインなのか?

私は、デザインとアートは違うものだと考えています。

違いを明瞭にするために、私たちが言っているデザインの種類を定義しましょう。

イラストレーションやグラフィックデザインは、アートに近いと考えられます。しかし、デジタルプロダクトデザイン(ウェブサイト、アプリ、ソフトウェア)やインダストリアルデザインは、アートの領域を超えています。

アートとデザインは同じ基本的な視覚的な原則を共有しています。色、形、線、バランス、コントラスト、リズムなど。これらは、アーティストとデザイナーの両方が視覚体験を作るために働く最も基本的な構成要素です。

アートもデザインも、感情を表現し、物語を語ることから利益を得ています。実際にこれがアートの目的であると主張することもできます。しかし、それはデザインの目的とは程遠いものです。デザイナーにとっては、特定の目的を達成するためのツールの一つに過ぎないのです。

アートとデザインの違いは「意図」にあります。

アートは、その純粋な形では、意図に境界線がありません。アーティストが選択した目的を果たすこともできるし、目的が全くないこともできるし、見る人の視点や意図に基づいて異なる反応を生み出すことを目的とした意図的に曖昧な目的を持つこともできる。

“芸術とは何でもできるものである。”

– マーシャルマクルーハン

アートは、作家の視点を表現したり、社会的・政治的な問いかけをしたり、あるいは環境に美を加えることを目的としてのみ存在したりすることができます。

しかし、デザインにはそのような贅沢はありません。デザインには必ず目的があります。目的を達成しなければならないし、達成できなければ悪いデザインと判断されてしまいます。

“クライアントはデザインとアートの違いである”

– マイケル・ビエルト

デザインには、クライアント、制約、ビジネスゴール、ユーザーニーズがあります。制約の中には、クライアント(ビジネスゴール、予算、時間枠)によって指示されるものもあれば、媒体(テクノロジー、レスポンシブデザイン)によって課されるものもあり、顧客の必要性(ユーザーゴール、期待、アクセシビリティ)によって課されるものもあります。

アートにも制約があります。依頼を受けたアートにはクライアントがいますが、その価値はまだ主観的に測定されているため、それはデザインと同じではありません。

デザインは主観的に測定されるだけでなく、客観的に測定することもできますし、そうすべきです。だからこそ、A/Bテストやアナリティクス、ビジネスメトリクスがあるのです。デザインは、単に見栄えが良いからといって成功するものではありません。見た目が素晴らしいはずですが、それはパズルの一部に過ぎません。見た目が素晴らしいだけでなく、意図した機能を発揮しなければなりません。それが成功したデザインです。

デザイナーなのにアーティストになろうとするとどうなるか?


デザイナーがアーティストのようになろうとすると、以下のような問題に直面します。

  • クライアントのブランドを表現するのではなく、作品を通して「自分を表現」しようとしてしまいます。不適切なスタイルを押し付けたり、プロジェクトの目標に沿っていないアイデアを押し付けたりすることがあるでしょう。
  • プロジェクトの制約にイライラします。何もない状態で探求したいのにそれができない。自分の創造性が抑制されていると感じます。(実際には、優れたデザイナーは、制約が創造性を育むので、制約の中でより繁栄します)
  • ビジネスを運営するための基礎能力、依頼者とのコミュニケーション、時間管理に失敗します。自分の「アート」に焦点を当てすぎて、その他の仕事をないがしろにしてしまいます。
  • 使いやすさよりも美学を優先してしまいます。

何が現代のデザイナーを価値あるものにしているのか?

デザインのアートの側面は、表面をかろうじて覆っているだけです。デザイナーはビジネス戦略家でなければなりません。組織の目標とユーザーのニーズを理解し、考え抜かれたユーザー体験を通して両者を融合させなければなりません。デザイナーは自分のエゴや好みを脇に置いて、プロジェクトのニーズに十分に共感できるようにしなければなりません。

デザイナーは一貫性のある、再現可能な手法を持っていなければなりません。デザイナーは、ひらめきの瞬間が訪れるまで無作為に作業を続ける天才ではありません。デザイナーは、依頼者のために依頼者の条件に沿って行動し、依頼者にとって最良の結果に導く手助けをしなければなりません。

これは、デザインに芸術性がないという意味ではありません。”美しさを作ること”には多くの価値があります。美的に喜ばれるものは、自然と信頼され、楽しみやすくなります。

デザイナーは誰でも、それを自覚しているかどうかに関わらず、自分の中に美学を持っています。しかし、デザイナーはプロジェクトに最適なデザインを作るために、時には自分の美学を上書きする必要もあります。

もしあなたがアートを作りたくてうずうずしているのに、お金を稼ぐためにデザインが必要だと感じたら、この意図の違いを修正しなければなりません。デザインの客観的な側面を受け入れ、制約の中で成功することを学びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。