手書き文字を綺麗に書く方法

手書き文字を綺麗に書く方法

基本的なペン字の書き方を上達させる

適切なツールを選択します。

ペンを好む人もいれば、鉛筆を好む人もいます。大きいものが好きな人もいれば、小さいものもあります。重要なのは、手にぴったりと感じる筆記具を見つけることです。

グリップがきつくなりすぎる傾向がある場合は特に、グリップが柔らかいペンまたは鉛筆を検討してください。

練習には罫線入り用紙を使用し、保管するものを書く場合は丈夫な紙を使用してください。

正座をして楽に座りましょう。

姿勢は大切です。真っ直ぐに座って快適に過ごせるのであれば、それは素晴らしいことですが、過度に体を硬直させて違和感を与えないようにしましょう。美しい文章を書くことが、苦痛になってはいけません。

ゆるく握る。

ペンを強く握って、窒息させないようにしましょう。書き終わったときに指にくぼみや赤いマークがある場合は、握力が強すぎます。ゆるく握っている方が可動域が広くなり、文字がより自由にペンから流れるようになります。

ペンや鉛筆の持ち方には、たくさんの「正しい」持ち方があります。人差し指と親指で中指に挟んだり、3本の指の指先で押したり、人差し指の付け根のナックルの上にペンの裏を置いたり、人差し指と親指の間のウェービングの上に置いたりと、様々な持ち方があります。

より美しい内容にしましょう。

メモを書き留めるときは略語や記号などを使用するのは問題ありませんが、他の人が読むようなことを書く場合は、時間をかけて適切に書くようにしてください。口語体やインターネット上の略語は使わないようにしましょう。

インスピレーションを求めて

手書きが美しい人を知っていますか?その人の筆跡を見て、ヒントを求めてみましょう。ワープロのフォントを見て、文字の形からインスピレーションを得るのもいいでしょう。

小学生向けに販売されているライティングレッスンやワークブックを探すのもいいでしょう。お子さんがいる場合は、一緒に練習してみましょう。家族の絆を深める時間を、より良い筆記力に変えていきましょう。

腕全体を使って書く練習をしましょう。

ほとんどの人は指を操作して文字を書きますが、これはある人によっては「文字を描く」と呼ばれています。手書きのアーティストは、腕や肩を使って書くので、流れが良くなり、角ばった手書きになりにくくなります。

“エア・ライティング “を試してみてください。これをやるのは馬鹿げていると感じるかもしれませんが、筋肉を鍛えるのに役立ちます。黒板に大きな文字を書いているふりをしてみましょう。実際、黒板の上で文字を書く練習をすることもできます。

エアライティングに習熟してくると、見えない文字の大きさを小さくして、紙にペンを置くときの姿勢を想定してみましょう。 しかし、指ではなく肩と腕を使うことに集中してください。

ゆっくりと始めましょう。

草書は、ペンリフトを減らすことで速く書くことを目的としていますが、最初は、それぞれの文字を正確に書く練習から始めましょう。形をマスターしていくうちにペースを上げていきましょう。草書は芸術だと思ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。