【2021年版】EtsyとAmazonの徹底比較!【ハンドメイド販売】

【2021年版】EtsyとAmazonの徹底比較!【ハンドメイド販売】

ハンドメイド販売サイトは多くありますが、EtstyとAmazonはその中でも最も市場が大きなハンドメイド販売サイトと言えるでしょう。

EtsyとAmazonハンドメイドはどちらも素晴らしいプラットフォームですが、それぞれに長所と短所があります。
この記事では、ハンドメイド作家やイラストレーターのために、両方のサービスの違いを比較して分かりやすくご紹介いたします。

EtsyとAmazonの歴史

Etsyは2005年に設立されました。このオンラインマーケットプレイスは、ハンドメイド作品やヴィンテージ製品に特化しており、作家が自分のハンドメイド作品を掲載して販売するサービスを作っています。作家を始め、骨董品のディーラーや中小企業の社長もEtsyに商品を掲載して非常に賑わっています。200万人以上のアクティブな売り手と3500万人以上の買い手を持つEtsyは、世界でハンドメイド製品市場のトップシェアを占めています。

一方でアマゾンは、ありとあらゆる商品を販売している世界最大の小売業者です。2015年には、作家が自分の製品を販売できるサイト「Amazon Handmade」を立ち上げました。全体として、Amazonは3億人以上の顧客基盤を持ち、約200万人のアクティブな売り手を抱えています。Amazonは、ハンドメイドのアイテムを売買する場所としてはあまり知られていませんが、何でも手に入る場所として知られており、何百万人もの顧客が必要なものを購入するために毎日Amazonを利用しています。

1. 登録プロセスの違い

Etsyでは、作家が簡単にアカウント登録をできるようになっていますが、Amazonハンドメイドでは登録に審査が行われ、承認されるまでに数週間から数ヶ月かかることがあります。

2. 生産の違い

アマゾンハンドメイドでは、商品制作はご自身か、従業員が20人以下の会社のスタッフによって作られている必要があります。Etsyはそのような縛りはなく、人材を雇ったり他のメーカーと提携して商品を生産することができます。

3. 掲載料金の違い

アマゾンハンドメイドでは、商品掲載料金はかかりません。Etsyは商品掲載ごとに$0.20(約20円程度)発生します。商品掲載は4ヶ月間のみ有効で、引き続き掲載するには再度$0.20支払う必要があります。

4. 支払い方法

Etsyで販売する場合は、取引が完了した時点で資金が用意されているので、顧客が購入するとすぐに入金されます。Amazonハンドメイドでは、1回の取引で最大24日かかることもあるほど、支払い手続きに時間がかかります。商品の代金の支払いは、商品が発送されてからとなります。

5. 商品のカテゴリー

Etsyは160の商品カテゴリが定義されているのに対し、Amazonハンドメイドは14の狭いカテゴリしかなく、それらに当てはまらない商品は認められていません。

6. トラフィック露出

アマゾン全体では、3億人以上の顧客を獲得しています。ハンドメイドのプラットフォームはあまり知られていませんが、売り手は膨大な数のユーザーの前で商品を手に入れることができます。一方、Etsyには約3,500万人の顧客がいて、その全員がハンドメイドやヴィンテージの商品を探しています。

本当に手作りか?

主にそうです。Etsyは、職人が従業員や他のメーカーと提携してビジネスを成長させ、160以上のカテゴリーで顧客に商品を提供することで、ハンドメイドやヴィンテージの商品を顧客に提供することに特化しています。

一方、アマゾンは全体として、何でもありのマーケットプレイスとして知られています。しかし、アマゾン・ハンドメイドでは商品を販売するためには、作家の手作りであることの証明が必要なので、アマゾン・ハンドメイドの商品は手創りであることが保証されます。

アマゾンハンドメイドとエスティのどちらが安い?

アマゾンハンドメイドやエスティを利用している何百万人もの顧客に販売するためには、売り手はいくつかの費用がかかります。それぞれの費用を見て、どちらが安いのか見てみましょう。

Etsyで販売するめの費用

月額料金 : 無料
商品掲載料金 : $0.20
取引手数料金 : 5%
※送料にも取引手数料が適用されます。

アマゾンで販売するための費用 自家製

月額料金 : 商品数40点未満は無料、40点以上は毎月39.99ドル発生
商品掲載料金 : 無料
取引手数料 : 15% + 最低1ドルの紹介料
※送料にも取引手数料が適用されます。

アマゾン・ハンドメイドは有効期限なしの無料アイテムリストを提供していますが、1回の販売あたりの手数料はEtsyの3倍もかかります。特定のアカウントの月額39.99ドルの手数料と1%の紹介料があるため、このプラットフォームを使うコストははるかに高くなっています。だから、ほとんどの作家は、AmazonハンドメイドよりもEtsyで販売した方が安いと感じるでしょう。

Amazonハンドメイド vs Etsyではどのような商品を販売することができますか?

ハンドメイド作品で、人気のカテゴリは以下のとおりです。

  • ジュエリーと時計
  • 贈り物
  • 美容とパーソナルケア
  • おもちゃやゲーム
  • ペット用品
  • スポーツ用品
  • アートワーク
  • 衣料品
  • キッチンとダイニング
  • 文具・パーティー用品
  • 靴とハンドバッグ

アマゾンのハンドメイドでは、14種類の狭いカテゴリーでしか商品を販売できないのに対し、Etsyでは最大160種類のカテゴリーで商品を販売することができます。

AmazonハンドメイドとEtsyで販売するには?

EtsyとAmazonハンドメイドで販売者になるプロセスは、かなり異なります。Etsyの場合は簡単ですが、Amazonハンドメイドの場合は申請手続きが必要になります。それぞれのプラットフォームで始めるためのステップバイステップのガイドを見ていきましょう。

Etsyで販売する方法

1. Etsyのアカウントを登録する。
2. 通貨、言語、母国語など、ショップの環境設定を行う。
3. Etsyショップの名前を決める。
4. 商品を掲載し、リストを完成させる。
5. お支払い方法を選択し、口座情報を設定する。
6. ショップのオープン、カスタマイズ、マーケティング。

アマゾンで売る方法 ハンドメイド

1. 作家登録するための申請手続きを行う。
2. セラーセントラルのアカウントにサインアップして登録を完了させる。
3. 承認を待つ。
4. 承認されたら、無料で商品を掲載する。
5. プラットフォームプログラムを活用してビジネスを管理・成長させる。

Amazonハンドメイド VS Etsy

ご覧の通り、どちらのプラットフォームにも長所と短所があります。アマゾン・ハンドメイドでは、3億人以上の膨大なユーザーに高コストでアピールすることができます。しかし、Etsyは、手頃な価格でハンドメイドやヴィンテージ製品に特に興味を持っている3500万人以上の顧客にアピールすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。