仕事でやる気を出す7つの簡単な方法

仕事でやる気を出す7つの簡単な方法

モチベーションというのは、なかなか掴みどころがないですよね。 モチベーションを感じる日もあれば、どんなに頑張ってもその一角を掴むことができない日もあります。

この記事では、あなたのやる気をすぐに引き出す7つのヒントをご紹介します。

1.ハードワークだと思わない

私が一生懸命働くことをモチベーションにする唯一の方法があります。それはハードワークと考えないことです。自分がなりたい自分になるための一部として、仕事を考えるのです。 何かをするという選択をしたら、それがどれだけ難しいことか、イライラすることか、不可能かもしれないということは、あまり考えないようにしています。

想像してみてください。もし、あなたが直面しているプロジェクトが重労働ではなく、むしろあなたのキャリアを育むパズルの一部として捉えられているならば、それを行うために必要なエネルギーは、おそらく容易に手に入れることができるようになるでしょう。

2.一口サイズの小さな目標を立てる

ドーナツは簡単に食べられるから、いつの間にか12個も食べてしまいます。 目標とはこういうものであるべきです。 もちろん、本当に大きくて大胆な目標を持つべきです。 しかし、その目標を一口サイズの消費可能な目標に分解してください。 そうすることで、あなたの旅は前進しているように感じられ、小さな目標を達成したときには達成感を感じることができます。 進歩と達成感は美しい組み合わせです。

このアドバイスを聞いたことがある人は間違いないでしょうが、モチベーションに応用したことはありますか? 大きなプロジェクトを完成させるのは、どこから始めればいいのかわからないときには気が遠くなります。 どこから始めたらいいのかもわからないのに、どうやって完成させることができるのでしょうか? そこで、大きくて怖い目標に集中するのではなく、大きな目標を1つずつ消化できるアイデアに分解していきましょう。

3.毎日の読書をする

一日の中で読書をする時間を確保しましょう。 みんなが起きる前の早朝がお勧めです。1日最低1時間は読書をしましょう。 それが無理な場合は、1日20分から始めて、1ヶ月間続けてみましょう。 そうすれば、読書が楽になり、非常に楽しい/やりがいのあるものになります。 世界で最も成功している人たちは、たくさんの本を読んだことで成功しています。

読書の時間を確保するのは逆効果のように聞こえるかもしれませんが、目の前の課題に取り組むためには、一見関係ないように見えることも必要な場合があります。 毎日の読書習慣を身につけることは、あなたの思考プロセスに長期的な影響を与え、最終的には人生のあらゆる面であなたを奮い立たせてくれるでしょう。

4.どうでもいいことを気にするのをやめる

何の意味もないことをすると、精神的に負担がかかります。 ToDoリストを見直して、どうでもいいと思っていることを見つけたら、できるだけ多くの活動を断ち切りましょう。 本質的に意味のある活動や、より大きなミッションの一部である活動に取り組んでいれば、一貫してモチベーションを維持することができます。

5.終了時間を設定する

自分のために仕事を終わる時間を設定し、週のほとんどの日はそれを守るようにしましょう。 午後8時以降にメールに返信するのをやめたり、日曜日を休んだりしてみましょう。 自分を休ませる時間があれば、よりリフレッシュでき、生産性が高まると感じられるようになります。24時間365日やる気がある人はいません。

6.ただそれを行う

私自身の経験から、何かを始めようとするモチベーションを得るために、最も効果的なコツは、ただそれを実行することです(陳腐に聞こえますが、それは効果的です)。 何かをしなければならないと思ったらすぐに、すぐにそれをして、それに飛び込む。 他のことを考えてはいけない、他のすべての思考を抑制し、心を空白にして、ロボットのように行動する。やる気を待っているのではなく、先に行動をしてみると、自然とやる気は湧いてきます。

7.勝利を祝う

あなたがやっている全ての良いことを認めましょう。 小さなことを軽視しないでください。人は自分の人生でより多くの勝利を必要としています。 それがあなたのモチベーションを高め、励まし、あなたが本当にどれだけ素晴らしいかを見極めるのに役立ちます。

長期的な見返りを常に待っていると、小さな勝利がどれほど重要であるかを忘れてしまいます。 報酬が見えなければ、モチベーションを維持して物事に取り組むことは難しいでしょう。 小さなことで自分にご褒美を与え、小さな進歩を認めることがどれほど嬉しいことかを過小評価しないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。