やる気を出す26のシンプルな方法

やる気を出す26のシンプルな方法

物事を成し遂げるために必要な、やる気の出し方を26のステップで紹介します。

1. 始めるだけでモチベーションが追いついてくる

モチベーションを待つ必要はありません。 もしあなたが毎日一貫した方法で仕事をしたいのであれば、とにかく始めなければなりません。

面白いことに、しばらく仕事をしていると、だんだん楽になってきて、楽しくなってきて、モチベーションが追いついてきます。

?2. 大きなことをすると先延ばしになってしまう場合は、小さなことから始めよう

プロジェクトやタスクが大きすぎて大変だと感じたら、先延ばしにしないようにしましょう。

その代わりに、ブログの設定や5分間の掃除など、小さなステップに分解して、そのうちの1つだけを実行して、前に進み始めましょう。

3. 小さなステップがまだ先延ばしにつながる場合は、もっと小さなスタート

それを分解して小さな一歩を踏み出すと、まだ先延ばしになってしまう場合は、さらに小さくしていきましょう。 ちょうど小さな1-2分の一歩を前進させてください。 それだけです。

4. 毎日の気晴らしを減らしてください

あなたの周りのすべての簡単にアクセス可能な誘惑を遮断してください。部屋の反対側にサイレントモードでスマートフォンを片付けてください。 そして、StayFocusdのようなブラウザの拡張機能を使って、集中力を維持しましょう。

5. 生活している人から説明責任を得ましょう。

ソーシャルメディア、電話、または実生活で何をするかを友人に伝えてください。 そのうちの 1 人または複数の友人に、あなたとあなたの進捗状況を定期的にチェックしてもらうように依頼してください。

そうすることで、物事から抜け出そうとしたり、最初の障害あきらめたりする可能性が低くなります。

6. 他人からモチベーションを得る

無気力で否定的な人と関わるのを辞め、熱狂的でやる気のある人々と多くの時間を過ごしましょう。自然とあなたの中に彼らのエネルギーが上に流れてきます。

7. 知らない人からやる気をもらう

他人からモチベーションを得る方法は、本やブログのサクセスストーリーを読むことでもできます。知り合いに限定せず、自由に尊敬する人からやる気を分け与えてもらいましょう。

8. あなたにエネルギーを与える音楽を再生します

エネルギーやモチベーションが低いと感じたときにする最も簡単なことの一つは、好きな音楽を聞いて自分を鼓舞させることです。

数曲で休憩したり、しばらく聴いている間に作業をしたりすると、大抵上手くいきます。

9. 楽観主義を見つける。

悲観主義は、あなたのモチベーションとエネルギーを消耗させます。しかし、前向きで建設的なものの見方は、逆にあなたのモチベーションに活力を与え、再充電させることができます。

なので、ネガティブな状況にある場合は、その状況の中から前向きな何かを見つけ出すことが大切です。

10. つまずいた時は自分に優しくする

つまずいた時や失敗した時に自分を叩くという罠に陥りがちです。

しかし、私の経験上、それはそれほどうまくいきません。 あなたは気分が悪くなり、モチベーションが下がるだけです。

自分に優しくして、元の道に戻って、小さな一歩を踏み出してみてください。

11. 失敗について建設的になる。

挫折をより価値あるものにし、傷つかないようにするためには、建設的な失敗をしてみましょう。 つまずいたときは、自分に問いかけてみてください。

この挫折から学べることは何か?

そして、その教訓を心に留め、行動に移して、自分の行動を改善していきましょう。

12. 自分と自分を比較して、自分がどこまで来たかを確認してください。

自分よりもはるかに先を行っている他の人と自分を比較することで、自分自身とモチベーションをデフレさせるのではなく、自分自身と自分のモチベーションをデフレさせてみましょう。

13. 友好的な方法で競争しましょう。

学校や職場では、例えば、退屈な仕事やルーチンの仕事を先に終わらせるために、友人と切磋琢磨しましょう。 競争のちょうどその要素は、物事を活気づける傾向があります。

14. なぜあなたはこれに向かって働いているのかを自分自身に思い出させます。

やる気がなく、エネルギーが低いと、何かをしている理由を見失ってしまいがちです。

だから2分かけて、この仕事をするためのあなたのトップ3の理由を書き留めておきましょう、

あなたが毎日それを見ることができる場所にそのノートを置くか、簡単にアクセスできるスマートホンのメモ帳にメモしてください。

15. 継続した未来の自分を想像する

現在の道に留まることがどれだけマイナスか想像してみてください。

もしも、1年続けた未来の自分はどれほど成長しているでしょうか。そして、もしも5年も続けたらどうなるでしょうか?

16. あなたが得たものに感謝してください。

例えば、頭の上に屋根があること、きれいな水があること、美味しいランチを食べられることです。ポジティブな感情はモチベーションを高めてくれます。

17. 物事を混ぜる。

マンネリはモチベーションを奪います。 だから、いろいろなことを混ぜてみましょう。 自分と、または他の人と、ある課題で競争をしてみましょう。

仕事をするときは、ただ漫然とやるのではなく、やることを変えてみましょう。 普段聴かない音楽やポッドキャストを聴いてみましょう。

新しいものを取り入れたり、変化をつけたりすることは、モチベーションを維持するには良い方法である傾向があります。

18. あなたのワークスペースを片付ける。

作業環境を数分かけて片付けましょう。最小限の作業環境は、考えを明確にし、集中力を高め、次のタスクに取り組むために準備ができていることを実感させてくれます。

19. To-Doリストを削減する

詰め込みすぎたTo-Doリストは、モチベーションを殺してしまいます。今必要ではないタスクは、別の紙に移動し、どこか目の届かない場所へ片付けると良いでしょう。

20. 休憩時間を忘れない

ノンストップで仕事をすることほど、毎日のモチベーションを消耗させるものはほとんどありません。

その代わり、1時間に45分ずつ仕事をして、残りの時間を休憩に使って、おやつを食べたり、外の空気を吸ったり、ストレッチをしたりしましょう。

あなたのエネルギー、集中力、モチベーションが単純に長く持続するので、1日と1週間でより多くのことができ、より質の高い仕事をすることができます。

21. 目標の大きさを調整しましょう。

人生の中で大きな目標に圧倒されていると感じたら、小さな目標を設定してモチベーションを回復させましょう。

また、小さな目標ではモチベーションが上がらないようであれば、より高い目標を目指して、より大きな目標にしてみて、それがあなたのモチベーションにどのように影響するかを見てみましょう。

22. 運動をする。

運動は体に影響を与えるだけではありません。 人は20~30分程度の運動だけで、内なる緊張やストレスが解放され、再び集中力が高まりやすくなります。

23. 2分かけて成功を振り返ってみましょう。

目を閉じて、あなたの人生のどの部分であっても、あなたの最大の成功の記憶があなたの上に洗われるようにしてください。 最もポジティブな思い出が、あなたのモチベーションを高めてくれます。

24. 自分にご褒美をあげ、成功を祝いましょう

タスクやプロジェクトが終わった後に、自分へのご褒美を楽しみにしていると、モチベーションが上がる傾向があります。

他の方法で成功を祝う場合は、例えば、あなたが何をしたかを感謝するために1分を取ったり、あなたの成功について誰かに話すことによって、モチベーションとポジティブさを充電することができます。

25. 2 分の瞑想の休憩を取ります。

心が少し疲れているとき、モチベーションはダウンします。 心を回復させるために、2分間の瞑想をおすすめします。

座って目を瞑って、自分の呼吸に意識を集中させてください。すると心がクリアになり、内なる緊張を解き放ってくれます。

26. 自然の中に出かける。

これほど新しいエネルギーを与えてくれたり、人生に挑戦する意欲を与えてくれるものはほとんどありません。

自然や新鮮な空気を感じながら、何も考えない日を設けましょう。

まとめ

この記事で紹介した、やる気の出す26の方法は、プリンタで印刷をして、モチベーションが沈み始めたときに読んでください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。