インターネットで送信される情報、IPアドレス、クッキー、トークン

インターネットで送信される情報、IPアドレス、クッキー、トークン

* IPアドレス・DNS

IPアドレスはプロパイダがモデムに割り当てます。DNSはIPアドレスにつけられた名前です。

* クッキー・トークン(セッションID)

クッキーはサーバーがブラウザに埋め込みます。クッキーの中にユーザーを識別する為のトークンが入ってきます。

* httpヘッダ・JavaScript

httpヘッダには、OS・ブラウザ・使用言語などのユーザーの閲覧環境が記述されています。

httpヘッダに記述されていない情報も、JavaScriptによって無理やり取得されることがあります。

* メールエイリアス

メールアドレスには、エイリアスという便利な機能がついています。

エイリアスを使うことで、1アカウントでも複数のメールアドレスを所有できます。

* ピクセル・ウェブビーコン

ピクセルはアクセス解析技術で、WEBページに埋め込まれます。

アクセス数を取得できるので、サービスの人気度調査等に使われます。

ウェブビーコンもアクセス解析技術で、特にスパムメールの開封チェックに使われます。

* URLクエリパラメーター

URLに含まれる便利なパラメーターで、色々な用途に使われます。

* リファラ

ユーザーが、どのページからアクセスしたかが分かります。

不自然なリファラは、はじかれます。

* MACアドレス

PCが保有する、個体を識別する為のアドレスです。

MACアドレスはネット接続時、モデムに記録されますが、サーバーには送信されません。

犯罪を行った場合、モデムに記録されたMACアドレスと、容疑者の所有するPCのMACアドレスが同一であれば、逮捕されます。

* キャッシュ

アプリ等によって保存・蓄積される一時ファイル。

ブラウザもキャッシュを保存していますが、サーバーには送信されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。